増大サプリの適正な年齢は?どんな年齢なら飲み始めていい?

増大サプリの適正な年齢は?どんな年齢なら飲み始めていい? 増大サプリとは

短小改善のために「増大サプリを利用しようか?」と考えている人もいるでしょう。短小改善を行なうなら必要な栄養成分を吸収する必要があり、増大サプリの使用は効果的と言えます。

ただ「年齢が10代でも使用できるの?」「高校生で使用しても大丈夫なの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。増大サプリを使用する際に年齢制限があるのか確認しておくことは大事です。増大サプリの年齢について内容を紹介しましょう。

増大サプリの使用が行える年齢は20歳から?

「増大サプリ」と聞くと「10代から使用は禁止されているのではないか?」と疑問を感じる人もいるでしょう。確かに、増際サプリは成長を促すものなので、成長期に使用することは少し抵抗を感じることでしょう。増大サプリは20歳の大人になってから使用するべきなのか内容を紹介しましょう。

増大サプリが嘘じゃない理由について

10代の高校生からなど若い年齢でも基本的に増大サプリの使用は可能

増大サプリの使用は基本的に10代からでも使用することは可能です。理由として、増大サプリは医薬品ではなく栄養補給の商品だからです。医薬品の場合は医師の許可が必要となり、年齢制限もあるため10代の若者の使用を禁止していることもあります。

医薬品の中には年齢によって体調を崩してしまうものもあるからです。しかし、サプリの場合は有効成分である栄養素が含まれているだけです。

増大サプリに含まれている栄養素もシトルリンやアルギニン、亜鉛など、特別な成分が含まれているわけではないので、年齢によって使用禁止ということはありません。

もちろん、有効成分とはいえ、過剰摂取してしまうと体に異変をもたらすこともあるので注意は必要です。もし、短小改善したいなら年齢に関わりなく増大サプリの使用を考えてみましょう。

増大サプリに副作用はあるのか?

年齢が高くなるにつれて増大サプリの効果が薄れることも

増大サプリは基本的にどの年齢の方でも使用することに問題ありません。ただ、年齢によっては効果が薄れてくることもあるので注意が必要です。増大サプリは有効成分であり、医薬品ではないので即効性はありません。体に増大効果をもたらすことを確実に保証しているわけではなく、あくまで体質改善をメインにして使用する商品です。

体質改善をメインにしている以上、自分の体質や年齢、持病などが影響することもあり、場合によってはうまく効果を得られないこともあります。特に高齢になってくると年齢による衰えもあるので、増祭サプリを使用したとしても、うまく体質改善を行うことが難しいこともあるでしょう。

10代や20代だけでなく、50代、60代の方も使用することはできますが、効果は薄れることも明記しておきましょう。

増大サプリは効果ないのか?

年齢が高くなるにつれ増大サプリの効果が薄れるのはなぜ?

高齢になると増大サプリの効果が薄れるのはなぜ?

増大サプリは年齢に関わりなく使用することができますが、高齢になると効果は薄くなってきます。「なぜ、サプリなのに効果が薄れてくるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。増大サプリの効果が薄れてしまうのは次のような問題があるからです。

年齢が高くなると体の機能が低下して増大サプリの栄養を吸収しなくなるため

高齢になれば体が衰えてきて機能が低下してくるので、増大サプリの効果が薄れてしまうことがあります。体の機能は25歳ほどをピークにして、衰えが生じてきます。特に男性ホルモンの分泌や血流も衰えが生じ、年齢が40〜50歳ごろになると機能低下が顕著に現れることが多いです。

増大サプリは主に血流の促進効果や男性ホルモンの分泌を促す栄養素が配合されており、体の機能が正常な若い人であれば効果が出るのも早いです。しかし、すでに体の各機能が衰えているなら増大サプリの有効成分が働くスピードが遅いので、効果が出るのも長期的になることが考えられます。

体の機能の衰えが深刻な場合は増大サプリを使用したとしても効果が出ず、手術など別の方法で回復させることも検討すべきです。高齢の方は自分の体の機能低下を考えて使用するようにしましょう。

増大サプリに含まれる成分とは

年齢が高くなるにつれ増大サプリの成分が浸透にしにくくなる

高齢になれば体の成分が浸透しにくくなるので、効果が現れにくいこともあります。増大サプリに含まれているアルギニンは血管拡張作用があり、血流改善の効果をもたらしてくれます。シトルリンはも同じく血管拡張の作用があり、陰茎海綿体に血流が流れやすくなることでサイズアップの効果を期待することができます。

亜鉛は男性ホルモンの分泌の量を増やす効果があるので、この成分も同じくサイズアップに良い影響をもたらしてくれます。ただ、これらの成分は体に浸透していくことで徐々に効果を発揮していくので成分が体に浸透しないなら、なかなか効果が現れません。

特に高齢になれば、腎臓や肝臓などの内臓の機能が低下しており、血流も遅くなっていることがあるので、若者に比べると成分の浸透には時間がかかるでしょう。そのため、増大サプリによっては効果が出るのにかなり時間がかかってしまうこともあります。

年齢が高くなると自信がなくなり増大サプリを飲んでも効果が出ない

高齢になれば自信の無さから成分が浸透しにくくなることもあります。高齢になれば自分の体の機能の低下を理解しており、短小に関してもある程度「年齢的にしょうがない」と諦めてしまうこともあるでしょう。

高齢になるにつれて体の機能低下などに自信が無くなってきてしまい、増大サプリを使用しても直ぐに諦めてしまうことがあります。そのため、自信が無い人はまず自分に自信を持つようにすることが大事です。

自分に自信を持ち「必ずサイズアップをしてみせる」という意気込みがあれば、増大サプリの使用も継続することができ、効果が現れてくる可能性も出てきます。精神面で諦めてしまうと増大サプリの使用はあまり意味がないこともあるので、自信を持つことを心がけてください。

市販の増大サプリは効果ある?

年齢が若いと増大サプリの効果が高いのは?

年齢が若いと増大サプリの効果が高いのは?

年齢が若い10代、20代の方は増大サプリの使用を効果が現れやすいことに期待できます。年齢が若い人は効果が出やすい特徴があるためです。どのような特徴があるのか内容を紹介しましょう。

年齢が若いと増大サプリの栄養成分をしっかり吸収するため

年齢が若い10代や20代の方であれば栄養成分をしっかり吸収できるからです。10代、20代の若い人は体の機能が発達してきている段階や正常なので、多くの栄養素を体がたくさん吸収しようとします。

アルギニンやシトルリン、亜鉛などのサイズアップを期待できる栄養成分もしっかり吸収してスピードも早いので、早く効果が出る期待を持てます。また、若いと元々血流も良く、男性ホルモンの分泌量も多いので、増大サプリに含まれている成分を吸収することにより、さらにサイズアップへの促進を促すことが可能です。

もちろん、増大サプリは栄養成分なので、1〜2回服用しただけで効果が出ることはありません。継続して使用することで体質改善を行うことができるので、毎日服用して必要な栄養素を体内に取り入れるようにしましょう。

年齢が若いときは成長期なので増大サプリとの相乗効果を期待できる

年齢が若い人であれば成長期と重なり相乗効果を期待することもできます。男性ホルモンの分泌などは25歳くらいになれば止まってしまうこともありますが、成長期の場合は精力も骨や筋肉と同じで成長していきます。

成長期に必要な栄養素を取り入れることで、各部位や機能をより成長させることができるので、増大サプリを使用するなら相乗効果を得てサイズアップを行えることを期待できます。さらに、成長期に必要な栄養素を取り入れておくなら、年齢が高齢になったとしても機能低下しなくなる強い体にすることも可能です。

つまり若いときに増大サプリを使用して栄養素を取り入れておくなら、将来的にEDなどの問題も発生しない可能性が高くなります。

ただ、10代や20代前半の成長期だと体が栄養素を吸収しようとしているため、過剰に摂取してしまうと体内に異変を感じてしまうこともあります。栄養素を取り入れることは大事ですが、吸収し過ぎてしまうのも良くない場合があるので、食事などのバランスを考えながら使用することが大事です。

年齢に関係なく増大サプリを飲むときのポイントは?

年齢に関係なく増大サプリを飲むときのポイントは?

高校生で増大サプリを飲みたい人もいるかもしれません。高校生だと成長期でもあり体の機能も元気な時なので、強い体作りのために使用したい人もいるでしょう。ただ、高校生のときに増大サプリを使用するときは以下の点に注意しておくようにしましょう。

年齢に関係なく増大サプリの容量をしっかり守る

高校生で増大サプリを使用するなら容量をしっかり守るようにすることが大事です。増大サプリは体に必要な栄養素の計算を行い使用量を決めています。もし、容量を無視して過剰摂取してしまうなら、栄養素が体内に必要以上の吸収されるため、体に異変が生じてしまうこともあります。

特に、高校生の場合は成長期でもあるので、増大サプリに含まれているシトルリンを過剰に摂取すると血流が良くなり過ぎて動悸やめまい、顔の紅潮などが生じ、とても危険です。

また、血流が良くなり過ぎると心臓への負担が大きくなるので、体の調子が悪くなってしまうことも考えられます。増大サプリでも何でも過剰摂取してしまうのは良くないので、効果を出そうと焦らないようにしましょう。

年齢が若くても安全性や増大サプリの成分保証を確認

増大サプリを使用するときは、安全性や商品の成分保証の確認も行っておくことが大事です。増大サプリは基本的に成分は保証しており、安全性を実証済みなので使用に問題は有りません。ただ、増大サプリは20代など大人の方の使用を目的にしており、10代や高校生だと成分量が多くなっていることもあるので注意が必要です。

例えば、増大サプリに含まれている亜鉛は耐用上限があり30〜69歳は1日45mg、18〜29歳、70歳以上は1日40mgとなっています。17歳以下の場合は目安として10mgほどなので、高校生の場合は亜鉛を10mgほど吸収できれば良いと言えます。

しかし、増大サプリによって亜鉛の含まれている成分量は違います。そのため、よく成分量を確認して使用することが大事です。また、海外の増大サプリは成分量も多く、安全性などにおいて保証も怪しいところがあるので使用は控えておくことがおすすめです。高校生だけでなく、20代や高齢の方も商品の確認はしっかり行ってください。

年齢関係ないく増大サプリを飲むとともにトレーニングを行う

増大サプリを使用してサイズアップを狙うことができますが、同時にトレーニングを取り入れるここともおすすめです。トレーニングを行うなら筋肉をアップさせて細胞を大きくさせることができるので、サイズアップにおいてサプリとの相乗効果を狙うことができます。増大サプリの相乗効果として、効果的なトレーニングには例えば腹筋です。

腹筋はお腹の下腹部を鍛えることができるため、陰茎部分に刺激を与えることができます。上腹部ではなく下腹部に力を入れなくてはいけないので、膝の曲がり方や体の引き上げ方に注意する必要があります。

また、スクワットも股関の周りの筋肉を鍛えることができるので、サイズアップにつなげることが可能です。トレーニングで筋肉を鍛えて有効成分を摂取するなら効果アップを期待できます。

年齢が高いなら増大サプリに加えて栄養豊富な食べ物を食べる

効果的な食べることが大事です。増大サプリを使用するなら有効成分を摂取することができますが、日々の食事による栄養補給も重要です。しっかり食事によりサイズアップの成分を取り入れるなら、より効果を期待することができます。

サイズアップに効果的な食品は、例えば鳥のもも肉やピーナッツ、キュウリ、ニンニク、レバーなどがあります。

鳥のもも肉やピーナッツにはアルギニンが多く含まれており、キュウリやニンニクにはシトルリンが含まれています。

レバーには亜鉛が含まれているので、これらの食品を食べるなら、血流促進や男性ホルモンの分泌をより促すこともできます。ただ、過剰摂取は禁物なので食べ過ぎは注意しましょう。

年齢にかかわらず増大サプリに異変を感じればやめる

増大サプリを使用しているときに異変を感じたなら使用は止めるようにしてください、無理に使用し続けると体に悪影響が生じて、心臓や内臓が悪くなることもあるからです。

また、高校生の場合は大事な成長期なので、増大サプリを使用し続けると過剰摂取になってしまうこともあります。日々の食事だけでも栄養補給できていることもあるため、自分の体調を確認しながら使用するようにしてください。

年齢に関係なく増大サプリは使用可能

年齢に関係なく増大サプリを使用することは可能です。ただ、増大サプリを使用するときは高齢になれば効果が薄れることもあり、若い10代だと過剰摂取になってしまうこともあります。年齢に応じた使用が大事なので、自分の体調に注意市で使用しましょう。

→増大サプリ一覧表!

コメント

タイトルとURLをコピーしました